「全国交通安全運動」って本当に安全のため?2015年09月27日 13:04

宮津に出張に行った帰り、お客様から一時停止の交差点でパトカー隠れてるから気を付けてねと言われました。

ここかなと思う交差点で前の車が最徐行して安全確認して左折、すると空き地の草むらからパトカーが出てきて、その車を止めました。

近くに空き地があったので車を止め、様子を見ているとどうやら違反キップ切られている見たいでした。

私の目には、見通しのいい交差点で交通量もほとんどなく(先には小さな漁港しかないため)最徐行していたので、全く危険性はないように見えますが、恐らく警官は一旦停止しなかったので捕まえたのでしょう。

車で走っていてよく、この一時停止のところで潜んでいる警官を見かけますが、この人たちはどう思いながら潜んでいるのでしょうか?安全のため、事故を減らすためという意識はあるのでしょうか?

危険な場所と思っているなら、隠れていないで、堂々と立っていれば事故は確実に減らせるし、地域の人から感謝もされるでしょうに・・・。

これでは、交通安全運動とは名ばかりで、点数稼ぎ、ノルマのためと言われてもしょうがないですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tifactory.asablo.jp/blog/2015/09/27/7814503/tb